うつ病のお薬ジェイゾロフトは通販で手に入る

ジェイゾロフトとは

薬を飲む女性

うつ病にはさまざまな抗うつ薬がありますがそのなかでも「ジェイゾロフト」というお薬について説明していきます。

ジェイゾロフトは2006年に承認されたお薬で、現在はジェネリック医薬品も出ています。抗うつ薬のなかのSSRI(選択的セロトニン再取り込みを阻害薬)に分類され、そのなかでも効果が強いという薬ではありません。しかしある程度の効果はありますので安心してください。効果が穏やかである分副作用も少なめなので初期治療やそこまで症状が重くない方、外来患者さんに良く用いられています。
メンタルクリニックなどでは効果も副作用も穏やかなのでジェイゾロフトを好む先生も多いのだそうです。また男性よりも女性の方が有効性が高いという報告もあります。

また、ジェイゾロフトは抗うつ薬としてだけではなく色々な病気に処方されます。
大うつ病、全般性不安障害、パニック障害、強迫性障害、心的外傷後ストレス障害、社交不安障害、月経前不快気分障害などです。これらの症状に効果があるのはセロトニンを増やす作用を持つためだと考えられています。

ジェイゾロフトの副作用は他のSSRIと比べては少なめですが、全くないわけではありません。性機能障害は他のSSRIと比べて少し多めです。また下痢や軟便になりやすいという点があります。

ジェイゾロフトはほとんどの症状が軽減、消失したとしても飲むのを辞めると症状が再発する可能性があります。離脱症状といってお薬の量を減らすと血中濃度が急に下がりそれに身体が対応しきれなくなってしまいます。また「SSRI離脱症候群」とも呼ばれます。症状には風邪のような症状、不眠、吐き気、ふらつき、感覚障害、過剰覚醒などがあります。抗うつ薬を6週間以上服用した患者さんのおおよそ20%の方にこの症状がみられます。