うつ病のお薬ジェイゾロフトは通販で手に入る

うつ病になる原因

頭を抱える女性の上にストレスの文字

うつ病の患者数は年々、増加しておりおよそ73万人にのぼると言われています。
うつ病は誰にでも起こるような身近な病気です。誰でも嫌なことや悲しいことがあると気分が沈んだりやる気がなくなったりすることがあります。しかし、うつ病は日常で感じるような一時的な気分の落ち込みなどではありません。ではなぜうつ病は起こってしまうのでしょうか。はっきりとした原因はまだよくわかっていませんが、脳で働く神経の伝達物質の働きが悪くなりストレスや体の病気、環境の変化などさまざまな要因が重なって発病すると考えられています。いろんな要因が重なって発病するのでただ1つの原因だけではないということです。

その要因で考えられる1番きっかけとなりやすいのが「環境要因」です。それは家族や恋人、親しい人の死や離別、仕事や財産などの大切なものを失ってしまう、人間関係のトラブル、家庭内のトラブル職場や家庭での役割の変化などが要因になってきます。

また、「性格傾向」も要因の1つです。うつ病になりやすい人の性格は共通する部分が多いんです。まじめな人は周りの期待にこたえようとして自分の限界を超えてまで頑張ろうとしてしまうので、うまくいってるうちは充実感や満足感でごまかすことができても、だんだん身体や心がついていけなくなり疲労感やストレスを感じてしまいます。。完璧主義者の人もうつ病になるリスクが高いので気をつけましょう。完璧じゃないと気が済まず、自分に足りない部分があると無理にでも頑張ってしまうので、適度に力を抜かないとストレスや疲労が溜まっていきます。
またうつ病になりやすい人には自己表現が苦手な人が多いです。思ったことや感じたことを口に出して言えないで貯め込んでいると、辛さや苦しみがストレスになります。