うつ病のお薬ジェイゾロフトは通販で手に入る

うつ病のお薬ジェイゾロフトは通販で手に入る   >  抗うつ薬に含まれているセロトニンとは

抗うつ薬に含まれているセロトニンとは

成分にチェック

抗うつ薬とは抑うつ気分の持続や希死念慮を特徴とするようなうつ病などの気分障害に効果がある精神科のお薬です。不安障害のほかでも効果があるのがパニック障害や強迫性障害・外傷後ストレス障害・月経前不快気分障害などにも処方されます。
抗うつ薬は脳内でモノアミンと呼ばれる神経伝達物質を増やす作用があります。うつ病の方はモノアミンが減少しているのでこのモノアミンの量を調整することで脳内のバランスを整え、ツライ症状を改善していくと考えられています。また、セロトニンという精神の安定や睡眠に深くかかわっている神経伝達物質だけを増加させ、それ以外の作用を抑えることで副作用を軽減させています。

うつ病の原因は人それぞれですが、気分がおちこむ、鬱のような気分になる、希望を抱けない、自分自身を責めることが増える、集中力が続かなくなる、文章の意味や人の言葉の意味を理解しにくくなるなどの症状が出てきます。
そこでSSRIであるジェイゾロフトを服用すると脳のなかのセロトニンの再取り込みを選択艇にブロックし、脳のなかのセロトニンの分量がアップします。

軽いうつ病に対しては必ず抗うつ薬を服用するということは決められていない。
また良く抗うつ薬を調剤すると患者さんから、「この薬を服用すると太りますか?」と聞かれます。抗うつ薬=太るというイメージが広まっていますがジェイゾロフトなどのSSRIは太るといった心配はしないでも大丈夫です。逆にこのセロトニンは食欲を失わせるように働くのです。

また多くの抗うつ薬は効果が出てくるまでに2週間〜6週間と遅れますが、1週間で効果が表れることもあるとされています。

このように抗うつ薬のなかにもさまざまな種類があります。