うつ病のお薬ジェイゾロフトは通販で手に入る

抗うつ薬の種類

いろんな種類の薬

うつ病のなかにもいろいろな種類があります。その神経伝達物質の種類に合わせて抗うつ薬にもいろいろあります。では抗うつ薬にはどんな種類があるのでしょうか。

・SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)
SSRIはセロトニンだけに的を絞り再取り込みを阻害することで使えるセロトニンの量を調整します。不安症状を抑える作用が強いので抑うつ状態や不安症状が強い患者さんにも使われます。急に服用を中止するとSSRI離脱症候群が発現する恐れがあります。

・SNRI(セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬)
新しいタイプの抗うつ薬で最も効果があります。SSRIとは違いセロトニンだけでなくノルアドレナリンの再吸収も阻害することによって興奮神経を刺激します。副作用としては興奮や不眠などがあります。

・NaSSA(ノルアドレナリン作動性・特異的セロトニン作動性抗うつ薬)
NaSSAはこれまでのように再取り込みを阻害して濃度を上げるのではなく、セロトニンやノルアドレナリンの分量そのものを増やします。副作用として眠気と体重増加などがあります。

・三環系抗うつ薬
1950年代に登場し1番古い抗うつ薬です。脳内で一度放出されたノルアドレナリンやセロトニンの再取り込みを阻害することで脳内のこれらの物質の量を増やします。効果は高いですが便秘や尿が出にくい、口が渇くなどの副作用が出やすいことがあります。また効果が出るまでに約1ヶ月以上かかります。

・四環系抗うつ薬
三環系抗うつ薬の副作用である抗コリン作用を少なくする目的で開発されました。痙攣をおこしやすく、抗けいれん作用の強い抗不安薬を併用することが多いです。