うつ病のお薬ジェイゾロフトは通販で手に入る

うつ病のサイン

うつの症状にチェックする人

うつ病は珍しい病気ではなく誰にでもかかってしまう可能性のある病気です。うつ病になると身体や心にさまざまな症状が現れます。日本国内では約13人に1人が生涯のうちにうつ病を経験すると言われています。また、うつ病になっていても自分では気づかず治療を受けてない人が4人に3人はいると調査されています。周りからみてもそんなにひどいように映らないので放置されてしまうことがあります。
自分でうつ病に気付くためにはうつ病のサインはどんな症状があるのかチェックしてみましょう。

身体の不調で表れてくるのは、睡眠の異常、食欲の低下・増加、疲労、倦怠期、ホルモン系の異常、その他いろんな症状が出てきます。
身体に色々な症状が現れるので多くの方はなんかのカラダの病気かな?などと思い内科などに受診しに行く人がいます。実際、うつ病は精神科に行くのが正解です。ではなぜうつ病は精神的に落ち込む病気なのに身体に症状が出るのかというと、気分の不調で神経やホルモン、免疫などに影響を及ぼしこれらが複雑に関わりあいいろんな症状が身体に表れると考えられています。

心の不調で表れてくるのは、意欲・興味の減退、仕事能力の低下、抑うつ気分、不安・とり越し苦労などがあります。

本人が気付きにくい病気なので、周りがうつ病かもと気付くことも大切です。周りの人が気づいてあげられるうつ病のサインは口数が少なくなる、イライラしている、朝や休日明けに調子が悪い、遅刻・欠勤が増える、だるさを訴える、見辺生理をする、などがあります。

気付かないで放っておくと重症になり、脳の働きが低下して病気であることを認識できなくなることもあります。なので、うつ病の疑いがある場合は早めに受診することが大切です。